雨でサンルームの洗濯物が乾かない時に使える方法&家電

今回は、雨の日のサンルームのお話です。

梅雨の時期や雨の日など、外に洗濯物を干せない時期って困りますよね。
窓を開けないでサンルームに干しておくと、乾きにくいことに加えて生乾きのニオイも気になります。

私は、自宅にサンルーム(洗濯物干し部屋)を作ったのですが使いこなせるようになるまで時間がかかりました。
初めのうちは「乾かない」「臭い」「湿気がこもる」などのマイナスなことが目についていたからです。

しかし、これからご紹介する2つの家電を使い始めたことで悩みが解消しました!

サオリ
サンルームの物干し場で「洗濯物が乾かない・臭い」と困っている方はぜひ参考にお読みください。

サンルームって本当に洗濯物乾く?

サンルーム付きの戸建てと、サンルーム付きのアパート(大東建託)に住んだことがあります。
自身の経験から言うと、雨の日にサンルームを閉め切っている状態では1日経っても洗濯物は乾きません!

雨の日は窓を開けられないので、狭いサンルームの中に湿気がこもってモワっと蒸し暑い状態に。

サオリ
空気の通り道がないので、通気が悪くただただ洗濯物が臭くなる一方でした。

(晴れている日は、日当たりが良ければ窓を閉めて仕事に行っても帰宅したときには乾いていました。)

サンルームがある物件って便利だけど、梅雨の時期や雨の日はサンルームに干すだけでは乾かないのだということを経験しました。

サンルームに置くおすすめ家電とは

そこで、購入を考えたのが、サンルームに置く家電です。

  • 除湿ができて
  • 空気の流れを作る

という点を考えて選んだのが

「除湿器」と「扇風機」です。

閉め切ったサンルームに洗濯物を干すと、一気に室内の湿度が上がってモワっと湿気がこもった空気になりますよね。
ですから、除湿器で「まずは空気中の湿気をなんとかしよう!」と考え購入しました。

シャープの衣類乾燥除湿器を愛用しています。
プラズマクラスターに惹かれてシャープを選びました!

そして次に扇風機。
滞った室内の空気を動かす目的と、洗濯物同士の間に風を送る目的で購入しました。

除湿器だけで乾かないなら扇風機とダブル使いがおすすめ!

まず最初に思いついて除湿器を購入したのですが、除湿器だけでは洗濯物の乾きがイマイチでした。

たぶん、サンルームの広さとか、換気の具合などによって違いがあるのだと思いますが、私と同じく「除湿器買ったけど乾かないよ!」という方もいるんじゃないかと思います。

そういう時は、除湿器に加えて扇風機も回してみて下さい!

扇風機は、普通のやつでOKです。

扇風機を回すことによって、空気の流れが生まれて、洗濯物同士の間に風が送り込まれます。

サオリ
風通しが良くなるので、扇風機を使うのと使わないのでは洗濯物の乾き具合に大きな差を感じました。

サーキュレーターでもいいかもしれませんが、扇風機のほうが広範囲に風を送れるという話を聞いたことがあるので私は扇風機を選びました。

扇風機は特に良いものではなく、夫が学生時代から使っていた昔ながらの扇風機です(笑)
リサイクルショップなどに売っている安いもので十分だと思います。

洗濯物を早く乾かすためにやったこと

雨の日や梅雨の時期に、洗濯物を早く乾かすためにやったことは以下4の点です。

  • 洗濯物同士の隙間を適度に開けておく
  • 扇風機の向きは洗濯物の下に風が当たるように調整する
  • 扇風機は首振りモードにする
  • 除湿器の除湿モードにする

この方法で朝干したら、夕方には乾いていました。
洗濯物が長時間濡れたままの状態を回避できたので、生乾きの嫌なニオイもしませんでした。

まとめ:雨でサンルームの洗濯物が乾かない時に試せる方法

除湿器と扇風機のダブル使いを試してみて感じたことは、風を送ると乾きが全然違う(早くなる)ということでした。

外に干したら風が自然と洗濯物を揺らしますよね。
風通しのよさは、外干しが乾きやすい理由の一つだと思います。

だったら、室内でも風を当ててあげたらいいですもんね。
洗濯物同士の間に風を送ってあげるだけで、こんなにも乾きやすくなるのかと驚きました。
良かったら試してみて下さい!

生乾きの嫌なにおいを防いでくれる愛用中の洗濯洗剤はこちら♪