「非常食1食分」ってどれくらい?ママが備蓄食を準備するときに役立つ簡単な数え方を教えます

今回は「非常食の数え方」についてです。

近頃は地震や水害など、自然災害がとても身近に感じられ、怖い思いをしたことがある方も多いかと思います。
防災グッズへの意識も高まってきていますし、自宅に非常時のための食糧を備えておく方もだんだん増えてきましたよね。

だけど、いざ非常食を用意しようと取り掛かると、 「1食分ってどのくらい?どうやって数えたらいいの?」という疑問が生まれませんか?

この記事では、その疑問を解決できる、自宅でストックしておくための「非常食(備蓄食)の数え方」についてご紹介します。

一般的な家庭で非常食は何日分用意すればいいのか

いざ「非常食を準備しよう!」と思っても、何日分買ったらいいのか分からないということはありませんか。
私はそうでした。

心配性な性格なので、「非常食買わなきゃ」「備蓄しておかなきゃ」と漠然とした意識だけはあったものの、具体的に「どれくらい用意したらいいか」ということまで知識が及んでいなかったからです。

そこで、このような情報を見つけましたのでシェアします。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)

  • 飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
  • 非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。
※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

引用:首相官邸HP 「災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~」

首相官邸のホームページより引用させていただきました。
とても分かりやすく書かれていますよね。

飲料水と非常食は3日分、大規模災害発生時には1週間分の備蓄があることが望ましいとのことです。

サオリ
そう考えてみると、3日分の備蓄だけでは心配になるのは私だけでしょうか。
大規模災害が起きるかどうかなんて誰にも分かりませんし、もともと1週間分の備えをしておいた方が安心できそうです。

非常食1食分とは?食材を数える方法

それでは、非常食を1週間分備蓄するとなると、一体何をどれくらいの量買っておけばいいのでしょうか?
そもそも、「1食分」の数え方とはどうやって考えたらいいのでしょうか?
ここでは心配性な私が実践している、簡単な数え方についてご紹介します。

それは、

「1回分の食事の内容を決めることです。」

例えば1日の3食を下記のように考えてみます。

1日3食の例
朝「米、缶詰」
昼「パン、缶詰」
夜「米、レトルトカレー」

このように考えてみると、1日分の食事に何が必要かということが見えてきますよね。
上記の例で、食材を数えてみると「米2、パン1、缶詰2、レトルトカレー1」を一日で食べるという計算になります。

これさえ数えられれば、あとは「×人数」「×日数」で必要な数を計算することができるので簡単です。

この計算を基に、日ごろから「ローリングストック法」を用いて備えておくと安心です。

ママ目線「ローリングストック」のメリット

ローリングストックとは、普段から多めに加工食品を買って一定の量の食料を備蓄しておく方法を言います。

賞味期限が近くなったら普段の食事として消費して、消費した分をまた買い足すという繰り返しを行うことで、常に一定量の備蓄をしているという状態になります。

ママ目線でローリングストックのメリットを考えてみると、

  • 非常時も食べなれた味で安心
  • 長期保存できる防災専用食を買うより安い
  • 食べ方のシミュレーションができる

以上のことを感じています。

ひとつづつ掘り下げてみましょう。

非常時でも食べなれた味で食事のストレスを軽減

まず一つ目が、非常時でも食のストレスを軽減できるという点です。

非常時はただでさえ、普段とは違う環境でストレスを感じている状態です。
そこに加えて、「食事が口に合わない」ということは更にストレスを感じる問題点です。

そこで、ローリングストック法を活用することにより、日ごろから加工食品や防災食の味を知り、慣れ親しんでおくことができます。

特に、子供にとっては、非常時に突然「食べたことがないもの」を食べるというのは慣れない味に戸惑うこともあるかもしれません。
そういった意味でも、防災食を知っておくというのは良い食経験かと思います。

防災用の食品よりも安く備えることができる

次に二つ目は、安く揃えられるという点です。

非常時専用の防災食は、長期保存ができる特殊な加工がされており、一般的な加工食品よりも値段が高い印象があります。

家族全員分の非常食を買おうと思うと何万円もかかってしまい、とてもそんな高額なものを準備しようとは思えません。
(それが原因で、防災食の準備から足が遠のいた経験があります。)

そういう時にも、ローリングストック法は役に立ちます。

サオリ
日ごろ食べられる缶詰やレトルト食品を購入すればいいからです。

一般的な缶詰やレトルト食品でも、少なくとも数か月は日持ちしますよね。
賞味期限が近くなったら食べて、また買い足すというサイクルを作っておけば、毎日の食事を補いながら災害に備えることができるので便利です。

サオリ
賞味期限が近くなったら、ママのお昼ごはんにレトルト食品を食べると楽できます!

食べ方を分かっていると災害時に困らない

最後に三つ目は、日ごろ食べてみることによって、食べ方を知っておくことができるという点です。

災害時に初めて食べるのものよりも、一度食べた経験があるものは「食べ方」が分かっているのでいざというとき困りません。

例えば、「これは子供に食べさせるときスプーンがあった方が食べやすいな」とか「これは結構皿が汚れるな」とかの気づきです。こういった事を事前に知っているだけで、「スプーンも一緒に準備しておこう」「お皿にラップを敷いてから食べよう」などの対策ができます。

味のことに限らず、実際に食べてみないと分からない事って結構ありますよね。
災害時に初めて食べるものよりも日ごろから知っているもののほうがトラブルなく過ごせるかと思います。

まとめ:ローリングストックで非常時に必要な数を備蓄しよう

大人だけなら何とかなるようなことでも、子供がいるとそうはいかない場合もありますよね。
特に食べ物においては、年齢や好みによって食べられるものが違うので難しいところです。

この記事で紹介した非常食の数え方を基に、基本的に必要な分を確保しながら、子供も食べやすいものを取り入れていくと備えやすいのかなと思います。

水などの重いものをまとめ買いしたいときは、ロハコがおすすめです。
ロハコウォーターは安くてお得なので、私も備蓄用に購入してあります。

\ロハコはこちらから♪/

水は箱買いすると重いので子連れで買い物には行けないですが、ロハコで注文すると玄関まで届けてくれるので便利でした♪