同居に理想的な義母ってどんな性格?円満に同居してる嫁がリアルに分析

今日は同居のお話です。

私は、夫の実家をリフォームして義両親と暮らしています。

「義両親との同居」というと、なんとなくイメージが悪いと感じませんか?
私も実際に、知人には「大変そうだね」と言われることが多いのですが、他人に心配されているほど窮屈ではないしメリットだってたくさんあります。

サオリ
「同居=可哀想」みたいな図式、もうやめませんか?笑

ここに、円満に同居している嫁がいますよ。

でも、やっぱり他人が一緒に暮らすわけですから、性格が合わないとか共同生活が無理という人は向いていないかなと思います。
その点では、私は義両親に恵まれていて、お義母さんお義父さんの性格も自分と相性がいい方だと感じています。

そんな経験をもとに、この記事では「義両親と円満に同居している嫁が、理想の義母」について考えてみました。

ほぼ、うちのお義母さんの性格がぴったり理想に当てはまります(笑)
だから私は楽しく同居できているのだと思います。

こんな人は読んでみてもらえると嬉しいです。

  • これから義両親との同居する
  • お義母さんの良いところを探したい
  • お義母さんと仲良くなりたい
  • どんな義母なら一緒に暮らせるのか知りたい

 

子育てにいちいち口出ししてこない

子育てをしながら義両親と同居をするなら、これが一番気になるところですよね。

自分たちには自分たちのやり方があるし、生活のペースがあります。
同居することによってそれが乱されると「これだから同居は嫌だったんだ!」とすべての不満の原因になりますよ。

ですから、子育てに関することにはノータッチなお義母さんだとママの心がとても楽です。

あれこれ子供のことを言われると本当にイライラするし、うんざりします。
だけどお義母さんからすれば、アドバイスや助言のつもりで(良心で)言っているかもしれないので邪険にもできないし、難しいところでもありますよね。

加えて、「勝手におやつ(お菓子)を買い与えないでほしい」とか、「テレビを見せないでほしい」とか、「勝手に外に連れて行かないでほしい」とか、細かい事を言えばキリがないのですが、「子育てに口出ししない」という大きなくくりを理解してくれているお義母さんならこういった事を勝手にやる可能性はかなり低いので安心して暮らせると思います。

他人に干渉しないタイプ

あなたの身近に、「他人のことが気になってしょうがないおばさん」っていませんか?

どこに行ってきた?誰と行ってきた?何をして遊んできた?何をどこで食べてきた?

などを聞かれると、行動を探られているようで気分が悪いですよね。

サオリ
相手は世間話のつもりであったとしても、いちいち「今日の私の行動」を伝えなければならないのは本当にめんどくさいです。

「こういう人が家の中にいたら…」と思うとかなりストレスだと思いませんか。
もしもお義母さんがそういうタイプだったとしたら、同居なのでお互いが家にいるかいないかはすぐ分かりますし、帰ってきてから「どこ行ってきたの~」なんて聞かれることは常になりますよ。
聞かれるたびに「どこでもよくない?」「いちいち聞かないで」とイライラが募ります。

ですから、他人に干渉しないタイプのお義母さんは最高に楽です。
お互いに干渉しない、干渉されないという適度な距離感を保った関係性が同居には大切です。

近所の人や職場の人のうわさ話をしない

これは、人間性が見える部分ですね。

普段から他人の愚痴やうわさ話をしているお義母さんとは、円満に同居できないと考えています。

なぜなら、「気に入らないことがあったら攻撃してくるタイプ」だと思うからです。
気にくわないことがあったら、確実に近所の人や友人にあなたの悪口を言いふらすことでしょう。

うわさ話や悪口が好きな人って、もう治らないと思うんですね。
そういう性格というか、癖というか。

同居する前から、お義母さんがそういうタイプだということが分かっているのであれば一緒に暮らすことはおすすめしません。

料理や掃除にこだわりがない

同居すると、家庭の中に女性が2人いる状況になります。(自分と義母)

家事の役割を担う人が2人いると、必ずどこかでかみ合わないことが出てきます。

なぜかというと、それぞれのやり方が違うからです。

特に、料理や、皿の洗い方、お風呂掃除のやり方など、家事にこだわりがあるお義母さんの場合は要注意です。
あなたが良かれと思ってやったことが裏目に出たり、あなたのやり方が気に入らないということが起こりえます。

「私のやり方が気に入らないならお義母さんのやり方でやってもらえばいいや~」と開き直れる方なら気にしないでいいと思いますが、同居を始めたばかりでそこまで肝が据わっているお嫁さんというのはそういないですよね。

うちは家事や掃除にこだわりがないタイプのお義母さんなので、私がやった家事にも感謝してくれるし、私が作った料理もおいしいと食べてくれるので、嫁としてとてもやりやすいです。

アクティブで外出が好きなアウトドア派が良い理由

お義母さんは、アウトドア派なタイプだと嫁は助かると思います。
なぜかというと、単純に「あまり家にいないから」です(笑)

もし、趣味などもなくインドア派なお義母さんだったらずーっと家にいると思うんです。
出かけるのはスーパーに買い物に行くくらいなもので。

そうなると、嫁としては息が詰まることもあるでしょうし、家でくつろげませんよね。

趣味や楽しみがあって、外に出かけることが好きなお義母さんだと、いい意味での距離感を保てるし、話題も尽きないのでとてもリラックスした関係性を築けます。

ブランドものにあまり興味がない

母親世代でブランドものが好きな人には、プライドが高い人が多い気がします。

人からどんなふうに見られているのか気にするタイプだったり、見栄っ張りだったり、高級志向だったり。
このどれも、同居するには「ちょっと…」と思うことばかりですよね。

素朴で、飾らない、素直なお義母さんは、こちらも自然体で過ごすことができて心が楽です。
しかも、女性としてチャーミングでとても可愛いです。

お花の世話が好き

お花の世話が好きなお義母さんは、生活に花を添えてくれるありがたい存在です。
子育て世代の私たちは、子供の世話でいっぱいいっぱいで花の手入れどころではありませんよね。

そういう時でも、お花を絶やさないでいてくれるお義母さんなら、お庭も手入れが上手だし、家の中にも四季折々の花を飾ってくれるのでこちらの心まで癒してくれます。

花がきれいな環境というのは子供にとってもプラスなことが多く、植物への好奇心を育ててくれたり、美しいものを見る感性を磨いてくれたりします。

それに、お花の世話という手間をいとわないお義母さんなら、きっと穏やかで優しい心の持ち主なんだろうなと想像できます。

甘いものが好き

甘いものが好きなお義母さんなら、ちょっと出先でおいしいスイーツを買ってきて一緒に食べたり、会話をしたりというコミュニケーションが生まれます。

我が家では、お義父さんや夫はあまり甘いものを食べないということもあって、スイーツを食べるというのは女性の楽しみになっていて、「私たちだけで食べようね~」とお義母さんと「お菓子仲間」になれています。

やはりお義母さんと「共通の楽しみ」を持てるということは、とても大切なことです。
しかも、甘いものを食べているときにはネガティブな感情は生まれにくいと思いませんか?ですから、「甘いもの」というのはとても良いコミュニケーションツールになります。

まとめ:理想のお義母さんと楽しく同居している嫁はいる

同居というと悪いイメージを持たれることが多く、そのたびに「失礼じゃない!?」と憤っている私です。

だって私は普通に楽しく暮らしているんですから、他人から「同居って大変だね」なんて言われると「同居で可哀想」と言われているような気がして腹が立つからです。

インターネットで同居のことを検索しても、愚痴や義母の悪口ばかりがヒットして、私のように円満に暮らしている人の情報って少ないです。

これから同居をするお嫁さんがそんな情報ばかりを目にしては、気の毒だと思ったので、このブログでは、実際に同居している私の経験から、前向きなエピソードを発信していこうと考えています。

関連記事≫「義実家をリフォームして同居してる嫁が事前に決めたルールとは」