【食費節約】毎月25000円で暮らせる安くておいしい!おすすめ節約食品

突然ですが、我が家の食費予算は毎月25,000円と決めています。(お米代は除く)

あらかじめ予算を決めて買い物に行くことで、買いすぎや無駄遣いを防ぐことができますよ。
そこで、予算内でもおなか一杯食べられる献立を立てるために必ず買う食品を決めています。

この記事では 「どんな食材がお得なのか」我が家が必ず買ってる節約食品とお買い物の方法をご紹介します。

買い物は週一のイベントにする

食品は毎週一度のお買い物でまとめ買いするようにしています。

ちょこちょこと買い物に出かけるのは、無駄使いのもとになるので気を付けましょう。
特に、「ポイント〇倍」とか「広告の品」などと紹介されているとついつい買いすぎてしまうことはありませんか?

「今日はたくさんポイントが付くから!」と安易に多くの食材を買った結果、「買わなくてよかったもの」まで買ってしまっていたなんてことよくありますよね。

そういった「買い物の落とし穴」を回避する方法が、まとめ買いです。
買い物に行く回数を減らすことで、必然的に買い物の量が限られます。

なぜなら、一度にたくさん買いすぎると持てないからです(笑)
自分が手に持てる範囲で、必要なものを厳選して購入する癖がつきます。

節約におすすめのお店

食費の節約の為におすすめのお店は3つあります。

それぞれのお店でお得なものが異なるので、事前に買うものを分けて無駄遣いしないように心がけています!
購入するものによってお店を使い分けると、お得の積み重ねで節約につながりますよ。

①大型ドラッグストア

近年、大型ドラッグストアでは、薬などの他にも野菜や生鮮食品などといった食品を取り扱っているお店が増えています。
特に郊外の店舗は、面積も広く商品数も豊富です。

地方に住んでいる主婦にとっては、1ヵ所で何でもそろうのでとても助かるお店だと思います。

大型ドラッグストアでおすすめの商品は「PB商品」いわゆる「プライベートブランド」の商品です。

プライベートブランドといえば、イオングループの「トップバリュ」などがイメージしやすいかと思いますが、大型のチェーン展開しているドラッグストアにはPB商品がある場合があります。

PB商品は値段が手ごろなので、ねらい目です。
さらに、ドラッグストア系はポイントカードがあるところが多い印象なので、 買い物の際はポイントを貯めて有効活用することもおすすめです。

②野菜の直売所

野菜を購入するなら、直売所がおすすめです。

新鮮な旬の食材が手に入る上に、スーパーなどで購入するよりも値段が安い印象があります。

時には、形が悪い「規格外」とされる野菜なんかも安く売られているのが強みだと思います。
一般家庭で使う食材で、形にこだわる必要はないのかなというのが私の考えなので、 直売所をうまく利用すると安くておいしい野菜が手に入ります。

③業務スーパー

業務スーパーは、とにかく何でも安い!

中でもおすすめの商品は、冷凍食品です。
フライ系は衣がついているので揚げるだけでいいし、カット野菜はそのまま調理に使えるし、時短にも大活躍です。

特に、 冷凍のカット野菜は、冬など季節柄野菜が手に入りにくい季節でも、安定した価格で購入することができるのでおすすめです。

その他にも、レトルト食品も格安で手に入ります。
簡単に調理できるものをストックしておくことで、「めんどくさいから外食しよう」という無駄遣いを防ぐことができます。

必ず買ってる食品

節約しながらも、健康でおいしい食生活を送るために我が家で必ず購入している食品を紹介します。
「食生活アドバイザー」の視点から栄養のことにも少し触れながら書きますね。
関連記事≫「ユーキャンで食生活アドバイザーの通信講座を受講した専業主婦ママの学習方法」

参考になることがあれば嬉しいです。

納豆

納豆は毎日朝食に欠かさず食べるので常にストックしています。

大豆製品は植物性のタンパク質なので毎日の食事のどこかで取り入れるように心がけています。
また、は「鉄を多く含む食材」ということをご存知でしょうか?

女性にとって「鉄分」は大切な栄養ですよね。
納豆だけではなく、豆類は鉄分が豊富なので、きなこや豆腐もおすすめですよ。

牛乳

牛乳はちょっとお高い飲み物のようで、節約中は買いにくいと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、牛乳の栄養を知れば、わずか百数円で手に入るということにかなりのコスパの良さを感じられると思います。

毎日コップ一杯の牛乳を飲むだけで、カルシウム・タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミンB1・B2・ビタミンA、などといった豊富な栄養が含まれています。

意識して摂取しないと不足しがちなカルシウムやビタミンが飲むだけで補えるのですから、夫と自分の健康のために冷蔵庫には常備です。

豚小間切れ肉

豚小間は安く手に入るお肉の代表格ですね。

そのまま焼いてもよし、丸めてミートボールにしてもよしの万能食材です。
(ミートボールにして使うときは、丸めた後に小麦粉をまぶすと崩れにくいですよ!)

私が購入するときに選ぶポイントは脂身が少ないこと!

パック詰めされたお肉はグラム単位で値段が決まっています。
そこで脂身が多いパックを選ぶと、脂の分もグラム数に加味されているわけで値段が高くなってしまうからです。

脂身がいい味を出してくれる場合もありますが、私は脂身にお金を払うのはちょっと…と思ってしまいます。
豚小間切れ肉は様々な部位のお肉の切れ端が寄せ集められたものなので(お店によって違いはあります)その分味わい深いのが嬉しいところです。

鶏むね肉

こちらも安く手に入るお肉の代表格!でも、胸肉ってパサパサするから料理しづらい…と思うことありませんか?

ですが、安心してください!調理方法次第でいくらでもおいしく仕上げることができます。

私は鶏むね肉を買ったらまず鶏ハムを作っています。

鶏ハムにしておけばしっとりとした仕上がりになりお弁当のおかずにも、夫のお酒のおつまみにも、サラダチキンとしても使用できて便利ですよ。

あとはそぎ切りにしてチキンカツにするのもおすすめです。

揚げ物のボリューム感とさっぱりとした鶏むね肉の相性は最高! 揚げれば胸肉特有のパサパサ感も気にならなくなります。

きのこ類

きのこ類は買ってきたらいしづきを外し、ほぐしてからジップロック袋に入れて冷凍保存しています。

きのこは冷凍することでうまみと栄養価が向上する上に、長持ちします。

使うときは袋ごと揉めば、袋の中できのこがほぐれるのでササっと取り出して料理に使用することができますよ。

うちは毎朝のお味噌汁の具として、この冷凍きのこが大活躍しています。

忙しい朝でもササっと取り出してバターでソテーすればあっという間にお弁当のおかずにもなります。

油揚げ

買って来たらすぐに短冊切りにして、ジップロック袋に入れて冷凍します。

こちらも毎朝のお味噌汁の具として大活躍!

凍ってるまま必要な分を取り出してそのままお鍋に入れればOKなのでかなり時短になります。

油揚げを入れるだけで、料理のうま味がアップするので重宝しています。
私はそのまま使っちゃってますが、気になる方は油抜きしてくださいね

切り干し大根

野菜の価格が高騰しても、乾物は比較的安定した価格で購入することができます。

切り干し大根は地味な見た目ながらその栄養価は高く、カルシウム・食物繊維も豊富に含まれているので女性に嬉しい食材なんですよ。

煮物にして常備菜にしても良いですし、我が家では切り干し大根のサラダが定番です。

きゅうりなどの野菜と一緒にサッとマヨネーズや七味と合えるだけでも一品になるので大活躍の食材です。

ちくわ

お弁当のおかずにも、おつまみにもなる万能食材がちくわ。

こちらも安定した価格で手に入れることができます。

甘辛たれと絡めて常備菜として保存しておけば、あと一品足りない時に役立ちますよ。

オリーブオイルでソテーして、粉チーズを混ぜて食べるものお気に入りです。

にら

緑黄色野菜のひとつで、通年を通してスーパーで入手することができます。

季節によって価格は変動しますが、手に入りやすい値段であることが多く重宝しています。

もやしと一緒に炒めればたちまち中華風に仕上がりますし、ニラ玉汁にしても普段のお味噌汁と一味違ったおいしさを楽しめます。

ニラチヂミにすればビールのお供にも最高です!

使い道が豊富な食材は、お弁当・食事のおかず・おつまみにと活躍してくれるので助かります。

にんじん

こちらも緑黄色野菜で、通年を通してスーパーで入手することができます。

赤い色は料理に色どりを添えてくれるので、見た目にもあると美しい食材ですね。

人参とツナと卵で人参しりしりを作っておけば、簡単ですぐに食べられる常備菜になり、不足しがちなビタミンも簡単に補うことができます。

まとめ

節約をしていると、どうしても単価の安いものへと手が伸びがちです。

しかし毎日の食事は健康の基本となるので安いものばかりを食べていては栄養が偏ってしまいます。

節約を意識するあまりに健康を失っては意味がありませんよね。

安くても栄養のあるもの、また、少々高くても体に必要なものをしっかりと選んでメリハリをつけて購入することが大切です。

サオリ
前に買うものを決め、本来の目的のものだけを買えば食費が跳ね上がることはほとんどありません

おまけ

仕事が忙しくて買い物に行けない、子供が小さくて外出できない、という方には生協の宅配パルシステムがおすすめです。

パルシステムとは、バラエティ豊かな食材を自宅まで届けてくれる便利なサービスです。

このパルシステム、実は加入する前に、お試しセットを注文できることをご存知ですか?

WEB注文限定で3種類のセットから好きなものを選ぶことができるんですよ。

・定番満足おためしセット
・有機野菜おためしセット
・赤ちゃんとママのおためしセット

いずれのセットも、2,000円相当の品を1,000円ポッキリでお試しすることができます。

公式サイトでセットの中身が詳しく紹介されていますので、宜しければ見てみてください。
公式サイトはこちら≫生協の宅配パルシステム
資料を見てじっくり検討したい方はこちら≫生協の宅配パルシステムの資料請求

関連記事

「【お弁当ネタ】簡単にできる、毎日のおにぎりバリエーション!4種類のレシピをご紹介します」

「【通帳にメモするだけ】ズボラでも続けられる簡単な家計管理方法」

「【実録】ネットで内職?育児中の主婦でも在宅でできる「お小遣い稼ぎ」オススメできるサイトを紹介」

「地方在住でも有名サービスで内職できる!ブランディアの在宅ワーク」