【通帳にメモ】ズボラでも簡単に続けられる家計管理方法

サオリ
こんにちは、サオリです

あなたのおうちでは貯金通帳の記帳を定期的に行っていますか?

我が家は毎月口座からお金を引き出す日を決めているのでその時かならず記帳するようにしています。

今日は、ずぼらな私でも続いている、通帳を使った超簡単な支出の記録方法をご紹介します。

月に一度は必ず記帳する

いまはコンビニのATMで簡単にお金の入出金ができてしまうので、普段持ち歩くのはキャッシュカードだけという方がほとんどだと思います。

しかし、月に一度は通帳を持って銀行へ行き記帳することをお勧めします。

なぜなら、記帳することでどんなお金の動きがあったのかを大まかに把握することができるからです。

決まった日にまとめてお金を動かす習慣のない方は、ちょこちょこと入出金を繰り返すためどのくらいのお金が動いたのか・残高はいくらなのかが分からなくなるケースがあります。

だいたいでもいいので、いま口座にいくら残っているのかをイメージできないと次から次へと使ってしまいがちです。

サオリ
まずは自分の通帳の内容をおおまかに把握しておくことが家計管理の第一歩です!

面倒でも月に一度は銀行へ行き、通帳記入を行いましょう。

通帳に直接メモを書き込む

記帳をしても、ちょこちょことした入出金がある場合、その入出金が「何のお金」だったのか分からなくなることがあります。

特に、数か月間記帳をしていない場合などは、前のことなどもうサッパリ覚えていない場合もあるでしょう。

サオリ
〇月〇日に引き出したお金、何に使ったんだっけ…

なんてことはありませんか?

記帳する習慣は大事なのですが、細かい入出金の詳細まで記憶しておくのはとても難しいことだと思います。

そんなとき役に立つのが、通帳直書き支出管理法!

私は銀行で通帳の記帳をしてきたら、金額の横の余白に「何のためのお金だったのか」をメモしておきます。

これは、自分だけにわかる簡単なメモで大丈夫です!

後で見返したときに「不明金」にさえならなければ十分だからです。

実際の通帳はお見せできませんので、こんな風に書き込んでいるよ!というイメージ画像がこちらになります。


通帳は印字されている数字の横に少しだけ余白がありますよね、そこに手書きで直接通帳にメモ書きをします。

上の画像では分かりやすいように赤い文字で記していますが、実際には鉛筆で書き込むようにしています。

直書きしてもATMに通るのか

書き込む場所によっては磁気に影響を与える場合もあるようですが、今回ご紹介した箇所なら私は大丈夫でした。

でも、もしものことがあったときいつでも消せるように鉛筆で記入するようにしています。

まだ何も記帳されていない新しいページに書き込んでしまうとエラーになると聞いたことがあるので注意してください。

通帳直書きを始めたきっかけ

仕事で経理関係の事務をやっていた時に、会社の通帳に直接メモが書き込まれているのを見たのがきっかけでした。

それまでは通帳に文字を書くという概念がなかったし、書き込んではいけないものとすら思っていたので初めて見たときは驚きました。

メモという地味な方法ながらも、過去にさかのぼって支出の確認をしたいときにはすごく役に立ったんですよね!

このことがあってから、家でも真似しよう!と始めたのがきっかけです。

 

通帳直書きするときに気を付けること

簡単なメモ程度が良い

詳細に書けば後々見たときに分かりやすいのですが、通帳って銀行の人に見せる機会もありますよね。

例えば磁気がだめになっちゃったとき(私は複数冊くっつけて保存してたら磁気がダメになりました)に通帳を取り換えてもらうときや、通帳繰り越しの時など。

そういったときに詳細までメモしてある通帳だと、見られて少し恥ずかしい気もします。

なので自分に分かるメモ程度にしておくと良いでしょう。

磁気に影響しない場所を選ぶ

先ほども触れたとおり、通帳に書き込む場所によっては磁気に影響を与えてATMで使用できなくなってしまう場合もあります。

今回ご紹介したように印字の横の余白であれば問題はありませんが、まだ印字されていないページに書き込んでしまうとエラーになるようなので気を付けてください。

万が一のことがあったときにすぐ消せるように鉛筆で書いておくことをお勧めします。

まとめ

通帳に直接書き込んでしまえば別に家計簿ノートを作らなくても済むのでとても簡単です。

一目で支出の金額と内容まで分かるようになり、時間も手間も削減できるためズボラな私にも続けられています🌟