【お弁当ネタ】お弁当のおかずに煮物を入れるときの「汁もれ防止」簡単テクニック

サオリ
こんにちは、サオリです

皆さんのおうちでは、お弁当のおかずに肉じゃがなどの煮物を入れることはありますか?

私はあります!

煮物系のおかずをお弁当に入れるとき、どうしても気になるのが「汁もれ」

まわりのおかずに汁がしみわたって、見た目も悪いし味も移ってしまいますよね。

今日はそんなお悩みを解消するため、我が家でやっている汁もれ防止方法をご紹介します🌟

片栗粉で煮汁にとろみを強めにつけ、からめる

肉じゃがや煮物の煮汁に、 強めに溶いた水溶き片栗粉を入れて加熱します。

こうすることによって煮汁にとろみがつくので、具材に絡みやすく汁もれしにくくなるんです。

この方法は煮物以外にも使えますよ🌟

野菜炒めなど、味付けをすると野菜の水分が出て汁っぽくなりますよね。

そういった場合にも、水溶き片栗粉を加えて加熱するだけで汁っぽさが緩和されるのでおすすめです。

サオリ
とろみがつくことによって具材に味が絡みやすく、お弁当を食べやすくなるというのも良いところです

かつおぶしと和えて水分を吸収させる

煮物の汁気を軽く切ったら、鰹節と和えるだけです🌟

鰹節が煮物の余計な水分を吸ってくれるため、汁もれの心配がなくなるんですね。

さらにかつお節のうま味も加わっておいしさアップの一石二鳥😋

かつお節はお浸しなどの味付けにも使えますよ。

例えば、ほうれん草などの野菜のお浸しをお弁当に入れたいとき、しょうゆをかけると汁っぽくなってしまいますよね。

そんなときは、 お醤油を吸わせたかつお節で和えましょう。

味がまんべんなくいきわたる上、汁気が出ないのでおすすめです。

サオリ
このようにかつお節は、工夫一つで調味料代わりとしても使える、お弁当に大活躍な食品です

まとめ

毎日お弁当を作っていると、前の晩のおかずを入れることが多いため、 「なんとか煮物系もおかずに持っていけないだろうか」と考えた結果が以上の方法になります🌟

朝はできるだけパパっと時短でお料理を仕上げたいですよね。

残り物おかずも上手に活用して朝の時間を有効に使いましょう😊

お弁当トーク「おにぎにのバリエーションレシピ」も良かったら見てみてください🌟

【お弁当ネタ】30代主婦が実践している夫のお弁当作り「小技」

2018.10.16

【お弁当ネタ】簡単にできる、毎日のおにぎりバリエーション!4種類のレシピをご紹介します

2018.10.08