夫婦2人の食費は1ヵ月にどれくらい?予算内におさめるやりくり術を初公開

サオリ
こんにちは、サオリです。

皆さんのご家庭では毎月の食費、どれくらいですか?

人様のおうちの家計事情なんて知る機会がないですから、正直なところ自分の家の食費って多いの?少ないの?って気になりますよね。

今日は我が家の毎月の食費と、やりくり方法を紹介します!

【食費予算】月25,000円の我が家で必ず買ってる節約食品

2018.09.20

夫婦2人の食生活スタイル

食生活がどのようなスタイルかにもよって食費にかける金額が変わってきますね。

我が家のスタイルはざっくりとこんな感じになってます。

ウチはこんな食生活スタイル
・夫婦2人分の食費として計算
・夫はほぼ毎日アルコールを飲む
・妻が大食い
・毎日夫のお弁当を作る
・朝食もとる

妻が大食い…これさえなければもっと節約できるのかもしれません😂

食費予算は毎月定額

毎月お給料日に予算決めを行います。

お給料の額には残業手当などその月によって多少の変動がありますが、予算は変えません。

お給料が多かった月も、少なかった月も毎月一定の額を食費として設定します。

そんな我が家の毎月の食費予算額は…

サオリ
25,000円です!
※お米代は含みません。

外食と、アルコールやお菓子などの嗜好品類もこの予算でやりくりしています。

食材の買い出しは週1回

食品の買い出しは週に1度と決めています。

週末に夫婦2人で買い出しへ行くことが我が家の定番となっており、一緒に買い物をすることで夫にも食品の値段の感覚をつかんでもらうようにしています。
重い荷物を持ってもらえるし、一石二鳥です。

お買い物に行く場所は、主に3ヵ所だけ。

食品の取り扱いがある大型ドラッグストアと、業務スーパー、そして地元の野菜が買える直売所です。

それぞれ3ヵ所で、買うものを分けて利用しています。

大型ドラッグストアを生活の中心にする

今、地方では生鮮食品を取り扱うドラッグストアが急増しています。

私の住んでいる田舎も正にその波に乗っていて、ドラッグストアなのに野菜や肉、魚、冷凍食品に至るまで一般的なスーパーマーケットと同じラインナップで商品が取り揃えられています。

こちらでは割と普通になりつつあるのですが、都会にお住いの方からしたら珍しいことなんでしょうか?

ポイントカードもあるので、衣料品や日用品、そして食品と、生活に必要なものをまとめて購入してポイントを貯めています。

業務スーパーで買うものは「定番化」しておく

業務スーパーは安くて大容量というのが魅力的!

しかし、割安だからと言って買いすぎてしまっては元も子もありませんよね。

なので、我が家では業務スーパーで買うものをあらかじめ定番化しておき、それ以外は購入しないようにしています。

業務スーパーで買う我が家の「定番」商品
・冷凍のカットほうれん草
・冷凍のカット万能ねぎ
・PB(プライベートブランド)の顆粒だし
・醤油やみりん等の調味料

冷凍のほうれん草とねぎはたっぷり入っている割にお安いので、冷凍庫のレギュラーメンバーです。

お料理にちょっと青みを添えたいときや、お弁当に彩りが欲しいときにとても役立ちますよ。

調味料はお料理に必ず使うものなので、たっぷり入った業務スーパーのサイズでも全く問題なく、割安で購入できるので愛用しています。

野菜は旬のものを直売所で安く買う

これは、地方ならではのお買い物スポットでしょうか。お野菜の購入は直売所がメインです。

新鮮な旬の野菜を農家さんが直接販売してくれるので、流通にかかるコストが省かれスーパーで買うよりもかなりお得に手に入ります。

スーパーではサイズや形などの規格にあったものしか並んでいませんが、直売所では不ぞろいのお野菜たちもたくさん!

こういった形の悪いものや、規格外で出荷できなかったものなども売られているため嘘みたいな安さでお野菜を手に入れることができます。

旬の野菜を低価格で食べられるというのは、地方在住のいいところかもしれません。

1ヵ月の食費予算の使い方

我が家は毎週一度のお買い物と決めているので、ほぼ計画的に使えています。

サオリ
毎週のお買い物で使用する食品購入の目安は、おおよそ3,500円です。
3,500円×5週(1ヵ月)=17,500円。
月の予算は25,000円ですから、7,500円残ります。

この7,500円でアルコールやお菓子を買ったり、外食に行ったりします。

私たち夫婦はあまり外食をする習慣がないので、ぜんぜん足ります。

毎週必ず買う食品

安くて使える食材は毎週必ず購入してストックしています。

私が必ず買っている食材と使い道を一部ご紹介しますね

詳しくは、【食費予算】月25,000円の我が家で必ず買ってる定番食品をご覧ください。

豚こま
豚こまは、安く手に入るお肉の代表格だと思っています!
選ぶポイントはなるべく脂身が少なそうなパック詰めを選んでます。
なぜなら、お肉ってグラムで値段が決まってますよね。
ですから、脂身が多ければその脂の分だけ重さが加わって、お値段が高くなってしまうからです。
脂身にお金を払うのはちょっと…って思ってしまいます。笑
鶏むね肉
鶏むね肉は、購入したらすぐに鶏ハムを作ります。
作り置きしておけるおかずなので、週末に作っておけばお弁当のおかずとしても活躍してくれます!
夫のお酒のおつまみにも最高ですし、食事でもサラダに入れたり、細かく刻んでチャーハンの具にしても使え万能です。
きのこ類
主に、しめじ、舞茸、えのき茸を購入。
買ってきたらすぐにほぐしてジップロックの袋に入れて冷凍保存します。
使用するときは袋のまま揉めばほぐれるので必要な量を取り出してそのまま使用することができます。
忙しい朝のお味噌汁にはもってこいの具になってます。
油揚げ
油揚げは買ったら細かく切ってジップロックの袋に入れて冷凍します。
主にお味噌汁用なので、使いたいときに冷凍のままお鍋に入れて使用します。
私はそのまま使ってますが、気になる方は油抜きしてくださいね。

まとめ

一般的に見てうちの食費が多いか少ないかはわかりませんが、毎日の食事には満足して暮らしていますよ。

サオリ
シンプルに不要なものを削っていくことで食品のロスも防げて気持ちがいいです。

おまけ

仕事が忙しくて買い物に行けない、子供が小さくて外出できないという方には生協の宅配パルシステムがおすすめです。

バラエティ豊かな安心食材を自宅まで届けてくれるんです🌟

実はこのパルシステム、加入前に試せるお試しセットが用意されていることをご存知ですか?

お試しセットは3つの種類から好きなものを選ぶことができます。

・定番満足おためしセット
・有機野菜おためしセット
・赤ちゃんとママのおためしセット

いずれも、WEB限定で2,000円相当の商品を1,000円ぽっきりで試せるチャンスですよ✨

詳しくは公式サイト≫生協の宅配パルシステムをご覧ください。
資料を見てじっくり検討したい方はこちら≫生協の宅配パルシステムの資料請求