赤ちゃんの手がドアノブに届くときの安全対策!勝手に開けるを防ぐ2つの簡単な方法

赤ちゃんが成長して、ドアノブに手が届くようになると自分でドアを開けて部屋から出て行ってしまいますよね。

部屋から出てしまうと、階段や玄関など赤ちゃんにとって危険な場所がいっぱいです。

そんな危険を回避するために、実際に私がやっている方法をご紹介します。
これで、赤ちゃんが自分でドアを開けてしまうことは一切なくなりました。

初めにお伝えしたいのは、この方法ができるのは、おうちのドアノブがレバータイプの方だけです。
試せる方はぜひやってみて下さい(^^)

赤ちゃんがドアを開けられなくする工夫

赤ちゃんは、ドアレバーに手が届きさえすれば、体重をかけてレバーを下げてドアを開けることができます。
なので、 このドアレバーに細工をして赤ちゃんが開けられないようにすればいいんです。

その方法が、ドアレバーの向きを変えることです!

この画像はうちのリビングドアの写真です。
ドアレバーが上向きに付いていることがお分かりいただけますね!

通常、 ドアレバーは横向きに付いていますが、それを上向きに取り付けるんです。
そうすることで、レバーが縦になるため赤ちゃんは手が届いても体重をかけられなくなり、勝手に開けられなくなります。

ドアレバーを上向きにする方法

ドアレバーの向きを変えるやりかたは、とても簡単なのでママでもできるんですよ!
やり方をご紹介します。

【注意点】
赤ちゃんが近くにいるときは作業をしないでください。
ビスを外しますので、近くにいると誤飲してしまう可能性があります。
お昼寝中や、誰かがお世話してくれる時にやりましょう♪

【用意するもの】
プラスドライバー

【手順】

①ドアを開けた状態にして、ドアノブの付け根についているビス(ネジというのかな?)を外します。

この赤い矢印のところのビスです。
(※写真は、ノブを上向きに付け替えた後に撮影したものです。話が前後しててすみません。)

②ビスを外すと、ドアノブが外れるようになるので、ドアノブを引っ張ってドア本体から外します。

③横向きだったドアノブを、縦にしてレバーが上向きになるようにドア本体にセットします。

④先ほど外したビスを再び差し込み、プラスドライバーを使ってよくネジをしめます。

【ポイント】
ドアノブの向きは、外側と内側同じ向きにしないと取り付けられません。
うちは、夫が「部屋の内側のノブだけ上向きにできればいいや」と考えて、最初片側のノブの向きしか変えなかったんですね。
そしたら取り付けられなかったので気を付けて下さい!

注意 ドアノブが丸型の場合はこの方法が使えません。
そして、ドアレバータイプのノブでも、種類によってはできないタイプがあるみたいです。
無理やりやると、故障や破損の原因になるので注意してください!

ドアレバーを取り外せないとき

この記事を読んでくださった中には、ドアレバーを取り外せないという方もいると思います。
例えば、

  • レバーの向きを変えられない種類のドアだった
  • 賃貸だから「壊したらどうしよう」と心配で無理
  • 不器用なのでやれる自信がない

そんな方には、ドアに取り付けるタイプの安全対策グッズがおすすめです。

こちらの、 ドアノブ用チャイルドロックを取り付けることで赤ちゃんが勝手に開けられなくなりますよ!
値段も1000円あれば買えるお手頃価格なので、リビングや寝室など、赤ちゃんの脱走(笑)が心配なお部屋の数だけ購入して設置するといいと思います。

まとめ

赤ちゃんの成長と共に、おうちの安全対策が増えていきます。
大切なお子さんがおうちの中でけがをせずに楽しく遊べるように工夫をして、可愛い笑顔を守ってあげられるといいですよね。

この記事が、あなたのお役に立てば嬉しいなと思います。

関連記事≫「ベビーサークルって本当に必要?「買ってよかった!」と先輩ママがおすすめしたい理由」