エルゴが合わない人におすすめ!おんぶも可能な日本メーカーの抱っこ紐

初めてのママは抱っこ紐の選び方に悩んだことはありませんか?
たくさんのメーカーから販売されているので、何を基準に選べばいいのか分かりませんよね。

私は1本目の抱っこ紐にエルゴベビーのエルゴアダプトを購入したのですが、 子供の体型に合わず途中で買い換えたという経験があります。
「エルゴアダプトで赤ちゃんの膝の裏が赤くなって切れてしまった体験談」

その経験をもとに、抱っこ紐の買い替えについて考えている方へ、エルゴ以外のオススメ抱っこ紐をご紹介したいと思います。

今使っている抱っこ紐が合わないと感じているあなた、エルゴが合わないと感じているあなたの参考になればうれしいです。

海外の抱っこ紐が赤ちゃんの体型に合わない

私が抱っこ紐を買い替えた理由は、 赤ちゃんの体型に合わなかったからです。

一本目に購入したエルゴアダプトは、新生児から使用できるという点に魅力を感じ購入しました。
とてもしっかりした造りで良い抱っこ紐です。

しかし、残念ながら うちの子供の体型に合わず、ひざの裏が赤くなり切れるというアクシデントが起きてしまったんです。

関連記事≫「エルゴアダプトで赤ちゃんの膝の裏が赤くなって切れてしまった体験談」

仕方なく使用を中止し、新しく抱っこ紐を購入することになりました。

この時初めて知ったのですが、 エルゴのように海外メーカーの抱っこ紐は大きめの造りになっているので、日本人の体型に合わないということはよくある話のようです。

日本メーカーの抱っこ紐を選ぶ理由

実際にエルゴを使用してみて、 海外の抱っこ紐は赤ちゃんの股の部分にあたる布幅が広い印象を受けました。

そのため子供のひざの裏まで布が当たり、擦れて赤くなってしまったのではないかと考えました。

そこで私が次に探したのは、 日本メーカーの抱っこ紐です。

小柄な日本人親子の為に設計

海外メーカーの抱っこ紐が体形に合わない方におすすめしたいのは、napnap(ナップナップ)です。
日本メーカーの抱っこ紐で、海外の抱っこ紐が合わなかった方にも人気の抱っこ紐です。

「まさに私のことだわ…」と思い、即購入!

お値段が他の抱っこ紐に比べると約半額という安さも魅力でした。

ひざの裏が赤くならない

エルゴアダプトを使用していた時は、お尻を支える布が赤ちゃんのひざ裏にくいこむような形になっていたのですが、ナップナップはひざ裏まで布が来ない。

改めて、 「今までの抱っこ紐はうちの子には大きかったんだなぁ」と感じました。

もちろん、ひざの裏が赤くなることはなく快適に使用することができています。

日本人向けに設計されているので、小柄な赤ちゃんとママでもぴったりフィットし、安心して使用することができますよ!

napnap(ナップナップ)をおすすめする理由

日本人向けの設計

抱っこ紐自体が軽く、小柄な日本人親子にフィットするように設計されています。

今持っている海外メーカーの抱っこ紐が子供の体型に合わない、もしくはママの体型に合わないと感じている方にはぜひ試して頂きたい快適さですよ。

調節が可能で、身長は148㎝~198㎝まで使用できるので パパママが兼用することができるのもうれしいポイントですよね。

値段が安い

抱っこ紐の値段をイメージすると、だいたい2万円くらいのものが多い印象ですが、 ナップナップは約半額ほど。
値段が安いという点もおすすめしたい理由です。

私が購入したナップナップベーシックは、税込みで1万円以下で買えちゃいます。

おんぶが簡単

生後4ヵ月を過ぎ、首が座ったら、抱っこもおんぶもすることができます。

抱っこ紐でおんぶするのが難しいと感じている人は、前から背中に回すタイプを使っているのではないでしょうか?

ナップナップの抱っこ紐は、違うんです。
おんぶホルダーと落下防止の安全ベルトがついているので、 リュックを背負う感じで簡単におんぶすることができます。

おんぶが簡単で、しかもフィットするので、 後追いが激しい月齢の時でもおんぶをしてサクサク家事を進めることができました。
とても重宝しましたよ。

ポケット付き

日本メーカーらしいなぁと思う心配りが、抱っこ紐についているポケット。

私が購入したナップナップベーシックはファスナー付きの大きなポケットがついていて、お財布や家の鍵、ハンカチなどを入れることができます。

ちょっとしたお散歩やお買い物などはポケットに必要なものだけ入れて手ぶらで出かけることができるんです。

バッグを持つ必要がないので、両手が空きとても便利ですよ。

ポケットの画像はこちらから見ることができます≫ナップナップベーシック商品ページ

腰でまとめられる

腰からぶらーんと抱っこ紐をぶら下げているママさんをよく見かけませんか?

そうなる気持ちはわかるのですが、だらんとぶら下げていると見た目が悪いし、何より危険ですよね。

ナップナップの抱っこ紐なら腰でまとめることができるのでぶら下がる心配はありません。

くるくるっと丸めて、本体についているスナップボタンを留めるだけで、 まるでウエストポーチのようにコンパクトにまとめておくことができます。

専用のカバーを別に購入しなくても、抱っこ紐本体がまとめられる仕様になっているところが魅力です。

自分に合う抱っこ紐が分からないなら無料診断

ナップナップの公式ホームページでは、 タイプ別抱っこ紐診断が無料で出来ます。

数あるナップナップの製品の中からあなたに合う抱っこ紐をお勧めしてくれますよ。
どれを選べばいいか分からない時に、とても参考になるのでおすすめです!

まとめ

抱っこ紐は育児にとても大切な道具ですよね。
実際に使ってみて思うことは、たくさんの種類があるからこそ選ぶのは大変だけど、 逆を言えば自分に合ったものを探せる選択肢があるということです。

あなたと赤ちゃんがお互いが心地よく、長く使うことができる抱っこ紐に出会えますように。