予定帝王切開で怖かった事とその結果!初めての出産のエピソード

これから初めての帝王切開をするあなたは、きっと不安な気持ちでいっぱいなんじゃないでしょうか。

私も初めての出産が予定帝王切開で手術の日が決まってからというもの、毎日不安だらけで過ごしていたことを思い出します。
(現在は、無事に出産を終えて元気な赤ちゃんを育児中です!)

この記事では、当時不安だったことと、結果どうだったのかを正直にまとめてみようと思います。

初めにお伝えしますが、ここに書く正直な内容がもしかしたらあなたを怖がらせてしまうこともあるかもしれません。
でもその反対に、真実を知れて良かったと思ってくれる人もいるかもしれません。

怖がりな私でも無事に帝王切開を経て母になった、リアルな気持ちをまとめますので良かったら最後までお読みください!

帝王切開の前に陣痛・破水があるかもという不安

帝王切開になる理由の一つとして、逆子があります。

もし逆子のまま陣痛・破水をしてしまったらどうなるのかというと、緊急帝王切開になります。

逆子で破水してしまうと、赤ちゃんの命に係わる状況になる場合もあると医師から説明を受けました。

私の場合は、そのようなリスクも考慮して、37週(正産期)に入ってすぐに帝王切開となりました。
ですから、 当初の出産予定日よりも早く出産することになり、手術前に陣痛がくることはありませんでした。

逆子の帝王切開予定の方は、当初の出産予定日より早く帝王切開する方が多いんじゃないかな?と思います。

人によってお腹が張りやすいなど、状況はそれぞれだと思うのでどれくらいの時期に帝王切開の予定を入れるのかは医師の判断ですが、当初の予定日よりも早く手術日を設定することが一般的です。

とにかく手術が怖い

手術って命にかかわることだから、怖いと思うことは自然なことです。
その気持ちを我慢するのはやめましょうね。

医師や助産師、旦那さんや家族に正直に打ち明けると少し心が楽になりませんか?

私の手術に対する恐怖のピークは当日手術室に入る直前でした。
手術室に入ると、不思議と恐怖が和らぎました。

その理由は、手術室のスタッフさんたちの姿が頼もしかったからです。
テキパキと動きながらも、私の様子を伺い、声をかけて下さる様子はまさにプロフェッショナル。

手術が始まってからは「このプロ集団に私と赤ちゃんの命を任せよう!」と信じて任せることができました。

あらかじめお願いしていた事などは、「逆子で予定帝王切開。初めてのバースプランは何を書く?経験者が内容を公開します」で紹介しています。

麻酔がちゃんと効くか不安

帝王切開といえば、下半身だけの麻酔ですから意識がある中での手術となります。

「麻酔はちゃんと効くのかな、痛くないのかな」という不安と共に、「効きすぎないかな」という不安もありました。

人によっては効きすぎて胸のあたりまで感覚がなくなり、息苦しくなったり吐き気がしたりということがあると聞いたことがあったからです。

実際は、麻酔がきちんと聞いているか丁寧に確認をしてくれるので心配いりませんでした。

保冷剤のような冷たいものを肌にあてて、「冷たさ感じますか?」と確認をされます。
ですが、 正直なところ、麻酔が効いていても「何かが肌にあたる感覚」は分かります。
なので「当たっている感覚」なのか「冷たい感覚」なのか判断が難しいと感じました。

それを正直に伝えたところ、腕(麻酔聞いてない場所)に保冷剤を当てて、感覚を比べさせてくれました。
腕に当たると確かに冷たさを感じます。

そういった事を何度か繰り返しながら丁寧に麻酔の効きを確認してくれました。

おそらくですが、 私のように「麻酔が効いているかよくわからない人」は大勢いるのだと思います。
対応がとても慣れていましたから。
もし、あなたも私のように麻酔の効きがよく分からないようであれば正直に伝えて大丈夫なので安心してください。

麻酔が効きすぎないかという不安に関しては、こまめに声をかけて下さり、「気持ち悪くないですか?」「変わったことはありませんか?」と確認してくださいました。

幸い私は、手術中に麻酔で具合が悪くなることはありませんでした。

麻酔の副作用が怖い

とにかく麻酔に対する恐怖は術前・術後ともにありました。

麻酔は術後に副作用が現れる場合があると説明を受けていたからです。

私の場合は、術中に麻酔で具合が悪くなることはありませんでしたが、産んだ翌日に強い頭痛に襲われました。

目を開けているのが辛いと思うほどで頭が痛すぎて吐き気やめまいがしてしまい、天井のライトが突き刺すようなまぶしさに感じたことを覚えています。

この時、持って行って役に立ったのが「蒸気でホットアイマスク」です。
まぶしさを遮ってくれることに加えて、蒸気のあたたかさが体のこわばりを和らげてくれました。

「予定帝王切開で出産する方へ!準備して良かったオススメ入院グッズ」の記事で詳しく書いてあるので良かったらお読みください。

術後の痛みが怖い

注意 ここでは術後の痛みについて具体的に書きます。
読みたくない人は読み飛ばしてください!

私は痛みに弱いタイプなので、術後の傷の痛みにとにかく怯えていました。

結論から言うと、痛いのは傷口だけではありませんでした。
お腹の中まで痛いです。

今考えてみれば当然ですよね、お腹の皮膚を切り、筋肉を切り、子宮を切って赤ちゃんを取り出すわけですから…
痛いのは表面だけの話ではありませんでした。

とにかく何をするにも痛くて、電動のリクライニングベッドがなければ起き上がれませんでした。
というか、何もしていなくても痛いです(涙)

産院にもよると思いますが、私の産んだ病院では、産後1~2日は座薬の痛み止めをもらえても3日目からは飲み薬の痛み止めに変わるという方針でした。

なので3日目は飲み薬に切り替わったのですが、全然効きませんでした。

看護師さんによると、その飲み薬は、座薬に比べてパワーが半分なんだとか。
どうしても痛くて母子同室が辛かったので、希望して座薬の痛み止めをもらいました。

痛みに強いタイプの人と弱いタイプの人がいると思うので、我慢しないで申し出たほうが良いと思いましたよ!

あと、痛みは3日経つと楽になるという経験談を聞いたことがありましたが、私は入院している間ずっと痛かったです。
ただ、痛いながらも自分で起き上がって歩けるようにはなります!

それは、赤ちゃんが可愛いからです!
その思いが、奮い立たせてくれます!

まとめ

事前に帝王切開が決まると、 心の準備ができる反面、当日までずっと不安な気持ちが継続するので正直疲れました。

本当に本当に怖かったけど、病院のスタッフさんたちによるプロの仕事であれよあれよと時間が過ぎていきましたよ!
あんなに怖がりだった私ですが、無事に母となり、帝王切開で出産という恐怖を乗り越えられた今ちょっとだけ強くなれたように感じます。

そして、こんな私ですが、帝王切開で良かったと思うこともありました。

無事に終わったから言えることかもしれませんが、もしよかったら 「予定帝王切開が怖い方へ。帝王切開で良かったと思える、前向きな考え方」も読んでみてもらえたら嬉しいです。