1歳過ぎても赤ちゃんの夜泣きで疲れが取れないママにおすすめ

こんにちは、サオリです。

うちの子は生後8ヵ月頃から夜泣きが始まり、1歳を過ぎても落ち着かず朝までぐっすり眠ったことが一度もありません。

子供自身もよく眠れなくてつらいだろうけど、それにお付き合いするママも辛いもの。
夜中に何度も起こされるので、当然朝はぜんぜん起きられません。

そんな私の夜泣き体験談と、朝起きられるようになった話をまとめてみようと思います。

夜泣きの睡眠不足でイライラが止まらない罪悪感

うちの子は夜泣きがあり、 1歳を過ぎても3時間おきくらいに泣いて起きていました。
その日によってムラがあり、1時間しか寝ないことも。

新生児期の頻回授乳の日々に匹敵する睡眠不足です。
夜中に何度も起こされるので、朝起きることができず、夫の出勤を見送るなんて到底無理。

少しでも長く横になって自分の体力を温存することが一番の優先事項でした。

そんな状況が夫に申し訳なくて、そう思っていても起きられない自分に落ち込んでばかりいました。

そして睡眠不足というのは怖いもので、自分が自分でないみたいなイライラに襲われます。

赤ちゃんは可愛いけれど、どうしてこんなに寝てくれないんだろうかと悲しくなったりもしました。

赤ちゃんはお昼寝できるけどママは忙しい

赤ちゃんは昼間に熟睡することができるけれど、ママはそうはいきませんよね。

洗濯、掃除、洗い物などを済ませているとあっという間に赤ちゃんが昼寝から目覚めて、離乳食の準備をしなければなりません。


離乳食を食べたら、また後片付け…その繰り返しであっという間に一日が終わってしまいます。

「私、一日中食事の準備と片づけしてない!?」と思うほど(笑)

できることなら一緒にお昼寝をしたいけれど、大人は昼間に熟睡するのが難しく、少し寝たら逆に疲れが出てしまうということもありました。

夜泣きで一番辛かったのは疲労で心のゆとりがなくなること

睡眠不足で疲れが取れないと、どんどん心の余裕がなくなっていきました。

子供にも心からの笑顔で接することができなくなったり、家事と育児の両立がうまくできない自分に嫌気がさしたり、それはもう負のスパイラルでした。

そんなときに「どうか効いてくれ」という切実な思いで飲み始め、その結果疲れが和らいだサプリメントがすっぽん小町です。

公式サイトはこちら≫アミノ酸たっぷり『すっぽん小町』

もう、 疲れて疲れて、どうしようもなかった私は、一日の目安が2粒にも関わらず一日4粒飲みました(笑)

倍(笑)

すると飲み始めて3日目には違いが。

サオリ
あれ?私こんなに体軽かったっけ?

と気が付きます。
そこからは徐々に量を減らして、目安量に近づけて行き、今は1日2粒で朝シャキッと起きられるようになりました。

あんなに疲れて疲れて、おばけみたいだった私はどこへ行ったのだろうとびっくりしています。

いまも夜泣きがあり夜中何度も起こされますが、朝はきちんと目覚めて夫の出勤を見送れるまでになりました。

実は、妊娠前にも飲んでおり、しばらくお休みしていたんです。
この機会に再開して本当に良かった!

夫はなにも言いませんが、妻が元気そうにしていることには気が付いている様子です。


何より、100%の笑顔で子供とかかわれるようになったことが嬉しくてうれしくてたまりません。


まとめ

子供の夜泣きって、本当にハードですよね。

暗い部屋の中に響き渡る大きな泣き声は、メンタル的にもきついものがあります…。

でも、 翌日また笑顔で可愛い我が子と元気いっぱい遊びたいじゃないですか。
そんな思いで飲み始めたすっぽん小町。結果として良い方向に効いてくれたので嬉しかったです。

この記事を読んでくれたあなたの疲れも、少しでも楽になるといいなと思います。
夜泣き対応、お互いに頑張りましょう!