【誰でも簡単】通帳に書き込みする家計簿のやりかた|続かない・面倒・ズボラな方におすすめ

あなたは、毎月家計簿をつけていますか?

「やるぞ!と思っても、忙しくて結局続かないんだよね…」

という声が聞こえてきそうな話題ですが、この記事で紹介する家計管理のやり方はとてもシンプル。

それは、「通帳に直接書き込む」という方法です。

通帳に書き込みをしたことがない人にとっては、
「通帳って文字を書き込んでもいいの!?」とビックリするかもしれませんね。

この記事では、「通帳書き込み家計簿」の具体的な方法について説明していきます。

サオリ
家計簿が苦手な私でもこれだけは続けられています

通帳に書き込みする家計簿とは?

通帳に書き込みする家計簿とは、銀行の預金通帳に直接手書きで文字を書き込む方法です。

簡単に言うと、

  • 月末に記帳をして
  • 「入金」「出金」が通帳に印字された横に
  • 「用途」をメモしておく

という簡単なものです。

例えば、あなたはこんな経験はありませんか?

サオリ
この引き出したお金、何に使ったんだっけ…

ATMで記帳しただけでは、 何のためにお金を引き出したのか(または入金したのか)、後々分からなくなってしまいます。

分からなくなってしまう前にメモをして、「行方不明のお金」にならないようにするというのが通帳書き込み家計簿の目的です。

通帳に直接書き込みする家計簿のやり方とは

この方法を実践するためには、まず毎月記帳をする習慣をつけましょう。

そして、書き込みの方法は簡単で、次のポイントを抑えるだけでOKです。

  • 自分だけが分かる簡単なメモで良い
  • 毎月一回書き込む

これだけで十分!

サオリ
なぜなら、「不明金」にさえならなければいいからです。

こちらの画像を見て下さい。

通帳に書き込むやり方の一例です。

赤い文字で示しているのが、直接書き込んだメモ部分になります。

(実際に赤ペンで書いている訳ではなく、画像では分かりやすいように赤にしました。
どんな筆記用具で書き込むのかという話は後程します。)

こうして、 入金と出金の印字付近に「使用目的」を書き込んでおきます。

サオリ
こうするだけで、この月はどんな出費があったのかわかりやすいですよね。

通帳に書き込みをしても大丈夫?注意点とは

結論から言うと、通帳に書き込みをしてもいいかどうかは、金融機関に確認はしていません。

ですから、この記事の内容は「絶対大丈夫」というものではありません。

サオリ
だけど私は、数年間書き込みしても特にトラブルはありません。

ここからは私の体験と調べてみたことを基にやり方を解説するので、参考までにお読みいただければと思います。

 

たぶんあなたは、こんなことが心配になっていませんか?↓

みんなが不安に思う事
  • ATMでエラーになるのでは
  • 窓口で通帳を見せると注意されるのでは
  • 預金通帳の磁気がダメになるのでは

少なくとも私は上記のようなトラブルに見舞われたことはありません。

ですが、 書き込む場所によってはエラーが出る場合もあるみたいですね。
それについて調べてみたのですが、金融機関で公式に発表している情報は見つけられませんでした。

次からは、私の経験とネットで調べた情報を基に、通帳書き込みの注意点について解説していきます。

書き込んでもいい場所はどこ?

私が書き込んで大丈夫だったのは、 印字してある行の余白部分です。

サオリ
取引内容(引出とか入金とか)の横の余白や、残高の横の余白などです。

書き込みできない・してはいけない場所はどこ?

まだ何も印字されていないページに書き込みをするとエラーが出るという情報を見かけました。

サオリ
書き込む場所によっては通帳の磁気に影響を与えてしまうんだとか…

記帳されているページだけに書き込みをするようにしてみて下さい。

それでも心配だったら、いつでも消せるように、シャーペンや鉛筆で書き込んでおくのもいいですね。

通帳の書き込みは何でする?ペンの種類は何が良いか

結論から言うと、 最もリスクが少ないのは「鉛筆」か「シャーペン」です。

その理由は、

  • ATMに通らない時すぐに消せる
  • 余計な書き込みを後々消せる
  • トラブルがあったら消せる

からです。

消せるといえば、フリクションなどの消せるボールペンという方法もありますが、あまりおすすめはしません。
機械に通したときに熱で文字が消えてしまう可能性があるからです。

サオリ
ちなみに私が試した方法は、黒のボールペンとシャーペン(鉛筆)ですが、どちらも大丈夫でした。

やってみたのは、ゆうちょ銀行と、地方銀行ですが、どっちも大丈夫でした!

大手のみずほ銀行や三井住友銀行などはやったことがないので分かりませんが、気になる方は窓口で聞いてみると安心かもしれません。

【体験談】通帳書き込み家計簿で気を付けること

ここからは、実際にやっている私の体験から「気を付けたほうが良い事」をご紹介します。

詳しくいっぱい書きすぎない

書き込むメモは、簡潔に書いたほうが良いです。

なぜなら、

  • 書き込みすぎると文字がいっぱいになって見づらい
  • 窓口に出すとき恥ずかしい

からです。

一つ目の理由は単純に、書き込みすぎると見づらいからです。
細かい文字がいっぱいになってしまうので、パッと見て分かりづらくなります。

二つ目の理由は、窓口に出すときに恥ずかしいからです。
通帳の繰り越しや振り込みなどで、通帳を窓口に渡す場面は意外とあります。

そんなときに、 メモが詳細すぎると家計が丸見え状態になってしまうので恥ずかしいです。

サオリ
書き込みは、自分だけが分かるメモ程度がいいですよ!

心配だったらシャーペンで

もし書き込むことに抵抗がある、エラーがでないか心配だという方は、とりあえずシャーペン(鉛筆)で書くことをお勧めします。

いざとなったら消しゴムで消せますから、気が楽です♪

まとめ:通帳書き込み家計簿で手軽に家計管理をしてみませんか?

話をまとめると、通帳書き込み家計簿にはこんな良いところがあります。

  • 誰でも簡単にできる
  • 家計簿ノートがいらない
  • 預金通帳さえあれば始められる
  • 記帳する習慣ができる

まずは、毎月記帳をすることから始めてみましょう!

サオリ
お金の流れがざっくり分かるようになってくると、家計簿が楽しいですよ

【関連記事】専業主婦の妻におすすめ!クレジットカードの引き落としに夫の口座を指定したいときは家族カードが便利